toggle

About

オートクチュール・フラワーブランド​ 装花TOKYO

F

「​装花TOKYO」は、
草花で人の個性を活かすファッションブランドでもあり、
草花で空間を活かすインテリアブランドでもあります。

​植物の美しさに触れることで、私たちは自然の摂理や多様性の必然性を学び、
持続可能な社会を創っていく大切な感覚が研ぎ澄まされるでしょう。

​そして、花たちのように、私たち一人ひとりの個性を活かす素晴らしさを
実感できるかもしれません。

装花TOKYOは、
植物と人が持つ、個性の美しさを活かす表現を探求していきます。


Concept

オートクチュール・フラワーブランド「装花TOKYO
「装花TOKYO」は、店舗を持たないアトリエスタイルのオートクチュール・フラワーブランドです。命を持つ生花のみにこだわり、特別なシーンのフラワースタイリングをオーダーメイドでご提供しています。

生花の命の煌めきを活かす空間づくり
商品ディスプレイや撮影用プロップ、プロモーションイベントのフォトブース作りなど、特別なシーンにおいて、草花が持つ命のインパクトと視覚的魅力を活かした空間づくりをサポートします。

「アート」ではなく「デザイン」する
装花TOKYOは、「アーティスト」ではなく、「デザイナー」として、クライアントの皆さまとプロジェクトの目的と課題を共有し、草花での解をデザインすることを目指しています。

したがって、1つのスタイルに絞ることなく、花の毒々しさや艶かしさ、可憐さ、草木の清々しさや力強さなど、目的に応じて植物の多様な個性を発揮させていくアプローチ方法を試みます。

入荷可能な場合は、街のお花屋さんであまり見かけないような草花もご提案しています。

 


アトリエ兼事務所、ご連絡先

−Address:
〒156-0043 東京都世田谷区松原1-41-7 2F
(アトリエ兼事務所のため店舗営業はしておりません)

−Mail:
contact@sokatokyo.com


プロフィール

装花TOKYO フラワーデザイナー 杉山香林
Floral Designer/Karin Sugiyama
広告代理店、IT企業などでマーケティング・コミュニケーションに従事したのち、2008年株式会社アンジュウシを設立、企業の環境保全活動やサスティナブルな社会を創る取り組みへの指針作りやプロジェクトの企画・マネジメント、取材執筆などを行う。その中で、植物の美しさや生きざまに惹かれ、自然界にこそこの世の真理があり、持続可能な社会を築くためには、樹木や草花などの植物に触れ、憧れと畏怖を感じることが必要と考え始める。

国内外でフラワーアレンジメントの技術向上に勤しむだけでなく、池坊で華道の道も歩み、また、植物の生態についても研究を続ける。

2016年4月、装花TOKYOを開業、花一輪の個性を活かすスタイリングを目指している。

 


​オーダーメニュー

装花TOKYOでは、下記のようなオーダーメニューをご用意しております。
詳しくはこちらをご覧ください。
その他のご要望、コラボレーションのご相談は、こちらのContactページよりお問い合わせください。

  ①商品ディスプレイ・撮影用プロップ用フラワースタイリング
  ②企業・店舗、個人宅への定期装花ブランディング
  ③パーティー、プロモーションイベントの空間装飾
  ④お祝いの贈り花
  ⑤草花に関するエッセイなどの執筆、コンテンツ制作・監修


お問い合わせ

​業務のご依頼、コラボレーションのご相談、各種お問い合わせは下記メールアドレスまで、またはコンタクトフォームにてご連絡ください。

​−コンタクトフォーム
−Mail: contact@sokatokyo.com
    装花TOKYO宛